大変だったけどいい思い出

先日、長男の3歳の七五三のお参りに行きました。

 

七五三といえば、数えで行うのか満年齢で行うのか、迷う親は多い様ですね。

 

昔は数え年での七五三が多かったと聞きますが、今は満年齢でする方が多い様です。

 

地域にもよりけりかもしれませんが、我が家は満年齢で行う事にしました。

 

ただでさえぐずる時期なのに2歳で袴はきついかな・・・と思ったのもありますし、長女の七五三も満年齢で行ったので、合わせる事にしました。

 

 

長女の着物姿も凄く可愛いものでしたが、長男の袴姿も凛々しくて感激でした!

 

 

ただ、娘よりも成長がゆっくりでしゃべりも遅い息子は、写真を撮ってくれる人の「笑ってね〜」とか「剣を抜いて〜」とかの話しかけに応える事ができず、終始無表情での写真撮影となってしまいました(^_^;)

 

 

我が家がお世話になる写真館は昔ながらのお店で、娘の時からお世話になっています。

 

今回は娘のドレスのレンタルが無料という特典を付けて頂き、娘もお気に入りのドレスに身を包んでご機嫌の写真撮影となりました。

 

もうどっちが主役なのか分からない感じです。娘はいつまでもご機嫌でドレスを脱ぎたくない様子。

 

息子は襟元が窮屈で早く袴を脱ぎたい様子。それでも娘にドレスを脱ぐ様説得し、息子は何とか袴を着たままお参りに行く事が出来ました。

 

 

来年は娘の7歳の七五三、息子は再来年に5歳の七五三です。

 

手痛い出費ですが、別々にお祝いしてあげようと思っています。

 

親戚に親戚に3歳違いで姉弟がいますが、お姉ちゃんは7歳弟は数えの4歳で、一度に七五三を行うというやるという方法をとっていました。

 

それもありかもしれません。でも娘は自分が主役にならないと気が済まない様なので、来年は着物とドレスを着せるしかなさそうです。

 

 

やれやれ(^_^;)